トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療

痛みの少ない治療で患者さんの負担を和らげる

すべての治療において痛み対策を行っています

治療中の痛みは患者さんにとっては苦痛でしかありません。中には治療中の痛みがトラウマになってしまうかたもいらっしゃいます。

当治療室ではすべての治療において痛みの少ない治療を心がけていますので、小さなお子さまでも苦痛に感じることはありません。抜歯やインプラント手術、あるいはむし歯など、痛みが伴う場合には治療前に麻酔注射を行います。また矯正治療でも痛みの少ない矯正治療を心がけていますので、ワイヤーの太さや張り方などを工夫しています。

すべての治療において痛み対策を行っていますので、治療後の強い痛みが長引くときは我慢せず、すぐにご相談ください。

痛くない工夫1 麻酔注射

痛くない工夫できるだけ痛くない麻酔注射をするために、麻酔前の表面麻酔を行いしばらく時間を置いてから針を刺します。使用する針は33ゲージの一番細いものを使用し、麻酔液を注入する速度もできるだけゆっくりと行います。

手動の麻酔器はドクターの技量が問われます。当歯科室のドクターは患者さんの顔色や表情を見ながら手の感覚を頼りに行っていますので、今まで患者さんに苦痛や痛みを与えたことはほとんどありません。また冷たい麻酔液を使用すると痛みが増しますので、温めて使用しています。

痛くない工夫2 弱い力でワイヤーをつける

痛くない工夫2矯正中の痛みをできるだけ軽くするために、当歯科室では初めて矯正装置を取り付けるときにはニッケルチタンの細いワイヤーを使用します。特にお子さまは痛みに対して敏感ですので、初めてワイヤーをつけたときに強い痛みがあると、治療そのものを嫌がるようになり、その後の治療にも影響してきます。

またワイヤーをかけていくときも、強く引っ張りすぎると急激に歯に負担がかかり、強烈な痛みが伴います。患者さんの歯の状態に合わせ、強すぎず弱すぎず、歯が動くのに適した強さでワイヤーをかけていきますので、痛みを抑えることができます。

痛くない工夫3 温かいお湯を口に含み緩和する

痛くない工夫3装置を調整した後に痛みや違和感を伴うことがあります。ほとんどのかたは調整後、3日程度で痛み始め6日目ごろから痛みがひいていきます。あまり心配する必要はありませんが、人によっては強い痛みで食事ができず、おかゆしか食べられないと訴えるかたもいらっしゃるようです。

当歯科室では調整後、万一、痛くてがまんできないときは、温かいお湯を口に含むようにお伝えしています。紙に記したものもお渡ししていますが、今まで調整後に痛みを訴えてこられたかたはいらっしゃいませんでした。

痛みの感覚は個々により異なりますので、強い痛みに耐えられないときは我慢せずに、ドクターに相談してください。

関連ページリンク

当歯科室が選ばれる理由
カウンセリング・診療風景

専門医師による矯正治療
見えない矯正装置矯正装置の種類治療費について
治療期間・流れ非抜歯矯正を目指す痛みの少ない治療
子どもの矯正ガイド矯正中のむし歯予防あなたの歯並びは?よくあるご質問

安心の歯科治療
審美歯科ホワイトニングインプラント
歯周病・予防歯科料金一覧医療費控除患者さんの声

ドクター紹介・経歴
アクセス・診療時間院内ツアー・院内設備痛みの少ないレーザー機器スタッフ紹介プライバシーポリシー

インプラント・矯正に関する無料カウンセリング

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら
このページのトップへ


トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療


診療時間外はメールで予約