トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正中のむし歯予防

徹底管理で矯正治療中のむし歯を防ぐ

矯正中のむし歯予防

矯正治療中の一番の大敵はむし歯です。たとえ小さなむし歯でも、そのままの状態にしておくと装置を外したときに穴が広がり大がかりな治療になってしまいます。むし歯を見つけたら早目の処置が必要ですが、多くの矯正専門医院ではむし歯治療はせず、患者さんはほかの歯科医院で治療を受けなければなりません。

当歯科室は総合歯科ですので、矯正治療を始める前には必ず歯の状態をチェックし、むし歯があれば、まずむし歯治療をしてから矯正装置を取りつけます。またワイヤー調整時にむし歯を発見したときすぐにその場で処置しますので、その後の治療に影響することはありません。さらに患者さんはほかの歯科医院に行く煩わしさを軽減していますので、安心して矯正治療を受けていただけます。

このように徹底したむし歯対策を行っていますので、当歯科室で矯正治療を受けている患者さんのほとんどにむし歯がありません。矯正治療中のむし歯予防・治療ができるのも、当歯科室ならではの強みといえます。

歯みがき指導でむし歯予防の第一歩

むし歯予防の第一歩お子さまは歯ブラシがうまく当たらず、キレイに磨けないことがあります。治療中の歯みがきは大切ですので、歯の衛生状態が悪いときには、家族のかたに汚れが溜まりやすい場所や磨きかたのコツをお話しています。それでも改善できないときは、歯みがき指導も行います。

歯みがきのコツは、汚れがたまりやすい歯と歯肉の間、歯と歯の隙間、歯と装置の間などを念入りに磨くことです。またフロスなどを使い、歯と歯の間に詰まった食べかすもキレイに取り除きます。つい力を入れてゴシゴシと動かしてしまいがちですが、小刻みに動かしてください。普段よりも歯ブラシの消耗が早くなりますので、歯が開いてきたら小まめに新しいものと交換してください。

正しい歯みがきで、矯正治療中のむし歯を防ぎましょう。

歯のクリーニングで矯正治療中のむし歯を防ぐ

治療中は複雑な装置が口の中に入っていますので、歯ブラシがうまくあたりません。食べ物のカスなどが歯と歯の間、あるいは装置の間に詰まりやすくなるため、普段以上に丁寧に磨かないと汚れが残りむし歯になってしまいます。

治療中のむし歯を防ぐために、毎月のワイヤー調整時には歯のクリーニングを行っています。歯科衛生士が丁寧に汚れを落としていきますので、治療後は歯の表面がツルツルになり、お口の中全体がすっきりします。

関連ページリンク

当歯科室が選ばれる理由
カウンセリング・診療風景

専門医師による矯正治療
見えない矯正装置矯正装置の種類治療費について
治療期間・流れ非抜歯矯正を目指す痛みの少ない治療
子どもの矯正ガイド矯正中のむし歯予防あなたの歯並びは?よくあるご質問

安心の歯科治療
審美歯科ホワイトニングインプラント
歯周病・予防歯科料金一覧医療費控除患者さんの声

ドクター紹介・経歴
アクセス・診療時間院内ツアー・院内設備痛みの少ないレーザー機器スタッフ紹介プライバシーポリシー

インプラント・矯正に関する無料カウンセリング

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら
このページのトップへ


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正中のむし歯予防


診療時間外はメールで予約