トップへ » 当院の矯正治療について » 目立たない矯正装置 » 難易度の高い症例でも対応可能

難易度の高い症例でも対応可能

目立たない矯正装置多くのマウスピース矯正治療が抜歯をする矯正には向いていません。なぜなら、それは歯科技工士が手作業で製作するため誤差が生じ結果として細かな調整が難しくなるからです。

これに対し当院が導入しているマウスピース型矯正装置では、CAD/CAMにより製作することで、狂いのない正確な装置を作り上げます。そのため治療計画が立てやすく、軽度から中程度の不正歯列で抜歯が必要な場合でも適応することができるのです。

マウスピース型の矯正装置は効率よく歯を動かすことができる装置で、定期的に新しい装置と交換していきながら、徐々に歯を正しい位置に動かしいく画期的なシステムです。

使用する装置はすべて微妙に形が異なりますが、1回の歯型取りで治療期間に使用するすべての矯正装置を製作し、2週間ごとに新しい装置と交換していきます。また3Dシミュレーションソフトを使い、治療中の歯の動きを確認できるので計画的に治療を進めることができます。


トップへ » 当院の矯正治療について » 目立たない矯正装置 » 難易度の高い症例でも対応可能


診療時間外はメールで予約