トップへ » 当院の矯正治療について » 非抜歯矯正を目指す » 精密検査で可能にする非抜歯矯正

精密検査で可能にする非抜歯矯正

正確な診断で可能にする非抜歯矯正矯正治療で理想的な歯並びと噛み合わせに導くためには、まず患者さんの骨格や噛み合わせや歯の状態を詳しく知る「精密検査」が必要です。

当治療室では正確な診断をするために、精密検査でレントゲン撮影、口腔内・願面写真撮影、歯型の形取りをしています。口腔内・顔面写真は歯並びの中心線や笑ったときの歯の見え方などを確認するために撮ります。レントゲン撮影ではむし歯や歯周病、あごの異常などを調べ、歯型は噛み合わせの状態を調べるために取ります。

これらの精密検査は非抜歯矯正をする上でも重要で、骨格や歯や骨の状態に合せてどのように動かせば、歯を抜かずにすむのか導き出すことができます。


トップへ » 当院の矯正治療について » 非抜歯矯正を目指す » 精密検査で可能にする非抜歯矯正


診療時間外はメールで予約