トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療 » 痛くない工夫1 麻酔注射

痛くない工夫1 麻酔注射

痛くない工夫できるだけ痛くない麻酔注射をするために、麻酔前の表面麻酔を行いしばらく時間を置いてから針を刺します。使用する針は33ゲージの一番細いものを使用し、麻酔液を注入する速度もできるだけゆっくりと行います。

手動の麻酔器はドクターの技量が問われます。当歯科室のドクターは患者さんの顔色や表情を見ながら手の感覚を頼りに行っていますので、今まで患者さんに苦痛や痛みを与えたことはほとんどありません。また冷たい麻酔液を使用すると痛みが増しますので、温めて使用しています。


トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療 » 痛くない工夫1 麻酔注射


診療時間外はメールで予約