トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療 » 痛くない工夫3 温かいお湯を口に含み緩和する

痛くない工夫3 温かいお湯を口に含み緩和する

痛くない工夫3装置を調整した後に痛みや違和感を伴うことがあります。ほとんどのかたは調整後、3日程度で痛み始め6日目ごろから痛みがひいていきます。あまり心配する必要はありませんが、人によっては強い痛みで食事ができず、おかゆしか食べられないと訴えるかたもいらっしゃるようです。

当歯科室では調整後、万一、痛くてがまんできないときは、温かいお湯を口に含むようにお伝えしています。紙に記したものもお渡ししていますが、今まで調整後に痛みを訴えてこられたかたはいらっしゃいませんでした。

痛みの感覚は個々により異なりますので、強い痛みに耐えられないときは我慢せずに、ドクターに相談してください。


トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療 » 痛くない工夫3 温かいお湯を口に含み緩和する


診療時間外はメールで予約