トップへ » 当院の矯正治療について » 子どもの矯正ガイド » 子どもの矯正の流れ

子どもの矯正の流れ

子どもの矯正治療は、成人矯正のように、最初から矯正装置をとりつけて行うことはありません。大きく分けて、次のふたつのステップに分かれます。

《ステップ1 / 第1期治療》
永久歯が生えてくるスペースを作り、歯並びや顎の成長に悪い影響を与える噛み合わせを改善し、あごの成長を促し歯の生え変わりを誘導していきます。
この段階で歯の生えるスペースが充分に確保できれば、次の段階で、永久歯を抜かずに治療ができる可能性がぐっと高まります。

《ステップ2 / 第2期治療》
上・下、すべての歯にブラケットを取り付け、ワイヤー矯正を行います。歯のねじれ、歯並びなどを整え、正しい噛み合わせにしていきます。


トップへ » 当院の矯正治療について » 子どもの矯正ガイド » 子どもの矯正の流れ


診療時間外はメールで予約