トップへ » 安心の歯科治療 » 審美歯科 » 補綴で歯を美しく見せる

補綴で歯を美しく見せる

当歯科室では歯を治療した後のつめもの・かぶせもの(総称して補綴・ホテツ)にコンポジットレジンやオールセラミッククラウンなどを取り揃え、審美性の高い治療を行っています。それぞれの素材にはメリット・デメリットがありますのできちんとご説明し、患者さんのご要望を取り入れながら最適な素材をご提案します。

コンポジットレジン
一昔前は奥歯のむし歯治療には金属の補綴物(つめもの)が使われていました。最近では審美面を考慮した白い補綴物を使うことが増えています。

当歯科室では歯を削った後のつめものには白いコンポジットレジン(合成樹脂)を使用しますので、治療した跡が目立ちません。コンポジットレジンは白いプラスチックで、主に小さなむし歯治療に使います。小さい金属のつめものを白く修復したい、できるだけ費用を抑えたい、短期間で治療したいかたなどに適しています。

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンセラミック(瀬戸物)で作った人工歯です。金属を使っていないので透明感があります。審美性に優れ天然歯のような自然な仕上がりで、前歯はもちろん奥歯にも適しています。歯垢などの汚れも付きにくく、ほとんど変色がありません。また金属を一切使用していませんので、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

メタルボンド
メタルボンド金属の上にセラミックを焼き付けたセラミック製の人工歯です。金属で裏打ちしていますので優れた強度があり、硬い物を噛む・歯ぎしりをするといった歯に強い力が加わる場所に適しています。天然歯に近い色合いで審美性に優れています。また人工歯の内側が金属で出来ているので強度に優れ、ほとんどの部位に使用できます。

なお使用する金属によっては溶け出して歯ぐきの変色・金属アレルギーなどを引き起こすこともあります。これらは貴金属を使用することで防げます

ラミネートベニア
ラミネートベニア歯の表面を少し削り、その上から薄いセラミックの板を接着させる方法で、つけ爪のようなイメージがあります。歯の色を揃える、小範囲の不正歯列、隙間の開いた歯、歯の形を整えるときなどに適しています。

歯を削る量は0.5mm程度と薄く、歯にあまり負担がかかりません。さらに治療期間も数回と比較的簡単です。気軽におしゃれ感覚で歯をきれいにしたい、忙しいので時間をかけずに歯並びを整えたい、あまり歯を削りたくないというかたには最適といえるでしょう。

ジルコニアオールセラミッククラウン
メタルボンドの内側に使用する金属の変わりにジルコニアを使ったかぶせものです。金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配がなく、金属が溶け出して起こる歯ぐきの黒ずみや変色もありません。また光の透過性があり透明感のある美しい歯に仕上がります。さらに金属と同程度の強度があるので、奥歯やブリッジにも使用できます。

ジルコニアオールセラミッククラウン


トップへ » 安心の歯科治療 » 審美歯科 » 補綴で歯を美しく見せる


診療時間外はメールで予約