トップへ » 安心の歯科治療 » インプラント » メンテナンスが安定性を高める

メンテナンスが安定性を高める

メンテナンスが安定性を高めるインプラント治療でもっとも大切のは手術後のメンテナンスです。いくら安全な手術を行っても、その後のお手入れができないと、インプラント自体の寿命が短くなってしまいます。中には口腔内の清掃状態が悪い患者さんもいます。そのような状態でインプラントを入れても、歯周病などのトラブルとなり、せっかく入れたインプラントもダメになってしまいます。

当歯科室ではメンテナンスの重要性をきちんとお伝えし、それが難しい患者さんには入れ歯などのほかの治療方法をご提案しています。また術後のメンテナンスにも力を入れ、3カ月~半年に1度の定期健診をお勧めしています。

インプラント治療を受けた患者さんには、できるだけ長期間安定した状態でお使いいただきたいと考えています。メンテナンスの重要性をよくご理解した上で、治療を受けていただきたいと思います。


トップへ » 安心の歯科治療 » インプラント » メンテナンスが安定性を高める


診療時間外はメールで予約