トップへ » 安心の歯科治療 » インプラント » 選択肢を与え治療方法は患者さんが選択

選択肢を与え治療方法は患者さんが選択

選択肢を与え治療方法は患者さんが選択

最近ではインプラント手術の安全性が高まり、インプラントで噛める喜びを取り戻すかたが増えてきました。

インプラントはあごの骨の中に人工歯根を入れ、その上から人工歯を被せるので、入れ歯やブリッジに比べると、天然歯に近い噛み心地と快適さを手に入れることができます。

その一方で、安定するまでの期間が長く、自分の歯で噛めるようになるまでに1~2か月ほどかかります。しかも自由診療ですので自己負担も大きくなり、中にはインプラント以外の治療方法を希望されるかたもいらっしゃいます。

当歯科室では最初からインプラントをお勧めしません。インプラントのメリット・デメリットをきちんとお伝えした上で、患者さんにとって最適な治療方法をご提案します。これらの情報を総合的に判断していただき、ブリッジ、入れ歯、インプラントの中からをご希望の治療法を選んでいただきます。

インプラントで自分の歯で噛む喜びを再び取り戻していただきたいと思います。


トップへ » 安心の歯科治療 » インプラント » 選択肢を与え治療方法は患者さんが選択


診療時間外はメールで予約