トップへ » 治療後、もとに戻ったりしませんか?

治療後、もとに戻ったりしませんか?

すべての患者さんは、矯正装置をはずした後に保定を行う必要があります。装置をはずした後の歯は後戻りする傾向にあります。

これは歯肉、歯周組織、あるいは筋肉、舌などの軟組織が新しい環境に適応するための時間が必要だからです。なので、きちんと保定を行わないと歯が後戻りする場合があります。

通常、この保定には保定装置(リテーナー)という後戻りを防止する取り外し可能な装置を用います。

この装置をきちんと使用することも矯正治療の大事な一部です。歯の位置が安定してくれば就寝時のみの装着でよくなります。保定は、最低でも2年は使い続けることで、正しい噛み合わせを長く維持することができます。また、年に2〜3回の定期健診を受けることも大切です。


トップへ » 治療後、もとに戻ったりしませんか?


診療時間外はメールで予約