トップへ » 歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。

口の中が正しく清掃されないと、口の中の細菌が食べかすを分解し、歯の表面にプラーク(歯垢)を形成します。

歯周病とはこのプラークが歯を支えている色々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)に細菌が感染し、炎症と破壊が進行してやがては歯の喪失に至る病気です。

歯周病の危険因子として、日常の生活習慣に由来するさまざまな要因があります。それらの要因の中でも喫煙、糖尿病、ストレスなどが重要な因子と考えられています。


トップへ » 歯周病とは、どんな病気なのですか?


診療時間外はメールで予約