トップへ » 口を閉じたとき、半開き状態になる

口を閉じたとき、半開き状態になる

【症状】 口を閉じたとき、上下の歯が噛み合わず隙間ができてしまう / 舌を前方に突き出す癖がある

口を閉じたとき、半開き状態になるこのような症状を「開咬(かいこう)/オープンバイト」といいます。これらは指しゃぶりや舌を唇から突き出す、口呼吸をするといった子どもの頃の癖が原因です。上下の前歯を閉じたとき隙間ができるため、食べ物を前歯で噛み切るのが難しく、横の歯で噛むようになります。また発音しづらく、言葉が不明瞭で聞き取りにくくなることもあります。

症例
術前
次へ
術後
 


トップへ » 口を閉じたとき、半開き状態になる


診療時間外はメールで予約