トップへ » 受け口で悩んでいる

受け口で悩んでいる

【症状】 歯を噛み合わせたとき、下の歯が上の歯より前に出ている / 顎が前に突き出ている / 上顎に比べ、下顎が発達している / 物を食べたとき、うまく噛みくだくことができない / 会話中、言葉が聞き取りにくいと言われることがある

受け口で悩んでいるこのような症状は「反対咬合(はんたいこうごう)」または「受け口」と言います。原因は二つあり、一つは遺伝的な要因があります。もう一つには後天的なものがあり、上唇を噛む、舌を突き出すといった生活習慣や癖など影響しています。治療は永久歯に生え変わった後に矯正治療で改善します。

症例
反対咬合症例 1
術前

反対咬合症例 2 (交差咬合)
術前
 


トップへ » 受け口で悩んでいる


診療時間外はメールで予約