トップへ » 当院の矯正治療について » 子どもの矯正ガイド » 子どもの矯正を始めるタイミング

子どもの矯正を始めるタイミング

子どもの矯正を始めるタイミング治療効果を高めるには、矯正を開始するタイミングが非常に重要です。あまりにもタイミングが早すぎると、あごがずれてしまう可能性があります。適切な治療を行うタイミングには、2つの時期があり、お子さまのお口の中の状態を調べ、必要に応じた治療を開始します。

まず、全部の歯が乳歯の乳歯列矯正では、3~5歳ごろから始めます。その次の時期は、前歯や奥歯が永久歯に生えかわる6~7歳ごろです。一方、まだ治療が早いお子さまは半年~1年ごとに経過観察をし、一番適切な時期に治療を開始します。

お子さまのあごは発達していきますが、矯正治療を行わずにそのままの状態で過ごしていると、5年、10年と経ったとき、矯正治療が難しくなってしまうこともあります。もし、お子さまの歯並びが少しでも気になるようでしたら、なるべく早めに、担当医に相談することをおすすめします。


トップへ » 当院の矯正治療について » 子どもの矯正ガイド » 子どもの矯正を始めるタイミング


診療時間外はメールで予約