トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正担当医が治療にあたります

矯正担当医が治療にあたります

ワイヤー調整

矯正治療の難しさはワイヤー調整にあると思います。ワイヤーを微妙に調整しながら歯を動かしていきますが、引っ張る力が強すぎると痛みが強くなり、弱過ぎると歯が思うように動きません。弱過ぎず強すぎず適度な力を加えていきますが調整が難しく、効率よく動かすためには担当医師の長年の経験と技術力に大きく左右されます。

当歯科室は一般歯科治療と矯正歯科治療で担当する歯科医師が分かれており、矯正治療に関しては、矯正担当医が責任を持って治療を行っています。患者さんに負担がかからない矯正治療、できるだけ歯を抜かず、痛みの少ない治療を心がけています。

最近では患者さんのニーズが多様化し、目立たない矯正装置を望まれる方が増えています。その要望に応えるよう様々な矯正装置にも対応し、目立たないワイヤー矯正装置からマウスピース矯正装置まで、一人ひとりの患者さんのニーズに合った完成度の高い治療を行っています。


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正担当医が治療にあたります


診療時間外はメールで予約