トップへ » 安心の歯科治療 » 歯周病・予防歯科 » プラークコントロールが大切な歯を救う

プラークコントロールが大切な歯を救う

プラークコントロールが大切な歯を救う

歯周病は中高年に圧倒的に多く、国民の約80%が感染していると言われています。もはや国民病と言っても過言ではありません。当歯科室でも歯周病患者が多く、そのほとんどが、かなりひどい状態になってから初めて来院してきます。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)や歯石です。これらが媒介となり細菌が繁殖し、歯肉が炎症を起こし、徐々に骨を溶かしていきます。しかし初期段階では自覚症状がほとんどなく、歯ぐきの腫れや出血、ぐらつきなどの症状が現れたときにはかなり進行します。

これらは毎日の歯みがきをきちんと行い、歯医者さんで定期的に歯のクリーニングを受けることで、ある程度防ぐことができます。当歯科室では予防歯科に力を入れ、スケーリングやPMTC、フッ素除去を行いいながら、むし歯や歯周病のない、丈夫で健康な歯を作るお手伝いしています。

軽度歯周病
軽度歯周病歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血などを伴います。

この段階であれば歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回行うことで、比較的短期間で回復できます。

中等度歯周病
中等度歯周病口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。

この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。痛みを感じるときは麻酔をして行います。除石を数回行い、歯肉の状態が改善された後に検査を行います。

重度歯周病
重度歯周病さらに進行した状態で、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進み、歯肉も後退し、歯のぐらつきが大きくなっています。

重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。


トップへ » 安心の歯科治療 » 歯周病・予防歯科 » プラークコントロールが大切な歯を救う


診療時間外はメールで予約