トップへ » ドクター紹介・経歴 » ラグビーで兄弟対決!?

ラグビーで兄弟対決!?

院内写真わたしたち兄弟は、身長が高く体格もがっしりしているので、スポーツ好きなかたからは「ラグビーやアメフトでもしていたんですか」って、よく聞かれます。この体格からも想像できるように、学生時代は二人ともラグビーで、ともに戦い、ともに汗を流してきました。

兄(裕典)の通っていた高校は国学院久我山でラグビーが強く、まだ中学生だったわたしは大会のビデオを録画しておくようにと言われることが多かったんです。そんなことを繰り返していくうちに、だんだんラグビーが面白くなってしまったんです。

本当は水泳が得意だったので、高校のサークルは水泳部にしようと思っていたんですが、ラグビーの面白さにはまってしまい、ラグビー部に入りました。

一方、兄は大学に入ってからラグビーを始めています。わたしも大学進学後もラグビーを続けていましたが、二人とも別々の大学なんですよね。時には兄弟対決なんてこともありましたよ。

歯学部では毎年秋から冬にかけて「歯学部リーグ」という大会が行われていました。普段は同じリーグで戦うことはないのですが、たまに同じリーグにあたると、兄弟対決が始まります。ポジションはわたしはスクラムを組むナンバーエイト。一方兄は最前列のプロップです。お互いにぶつかり合わなくちゃならないんですよ。普段は仲がいいのに、このときばかりは体当たりでぶつかっていき、兄の巨体に吹っ飛ばされたことも何回かありましたよ(笑)。

二人ともラグビーを通じ交友関係が広がり、とても充実した学生時代を過ごせたと思います。


トップへ » ドクター紹介・経歴 » ラグビーで兄弟対決!?


診療時間外はメールで予約